参列できないとき | 相手に気を使った贈り物を選び、適切な贈り方を知る

相手に気を使った贈り物を選び、適切な贈り方を知る

参列できないとき

成人を過ぎるあたりから、冠婚葬祭に参加する機会は多くなる。
結婚式はもちろん、成人し働いている時になれば葬儀に参加することも多くなるはずである。
このため、新聞の訃報欄を逐一チェックしている人もいる。
訃報欄などで知人の訃報を知った時、葬儀の時にはどうしても参加することができないことがある。
遠くに住んでいる人や、仕事の事情で葬儀や通夜に参加出来ない人は、弔電を打つことで故人の死を悼むことができる。
電報はすぐに届けられる通信手段なので、弔電や祝電を送りたいときは24時間いつでも送ることが可能となっている。
特に、訃報欄で知らされるのは、通夜の前日といったことが多い。
そういった急な訃報でも、弔電であればすぐに送ることができるので便利である。

弔電は告別式で読み上げられる。
こうした読み上げる場があるため、告別式に参加できず、遺族に気持ちを伝えられなくても、弔電で代弁してもらえるのである。
しかも、弔電は手紙の役割も果たしてくれる。
弔電は手元に残すことができるので、言葉の贈り物といった意味合いもある。
多い場合は、弔電は割愛され、代表として5通ほど読むことで制限されることもある。
しかし、形式として残るので、電子メールなどよりも思いを伝えることができるのである。
葬儀は祈りの場である。
そこに参列することで、故人への悼みや祈りを表すという意味がある。
あらゆる宗教儀式は祈りを表現するものである。
このため、弔電を送ることは、祈りを顕在化させることでもある。