会社と個人 | 相手に気を使った贈り物を選び、適切な贈り方を知る

相手に気を使った贈り物を選び、適切な贈り方を知る

会社と個人

個人で弔電を送る場合は、文章の中で関係性などを明確にすれば良い。
しかし、会社を代表として送る場合は、文章の形式や送り方にも気をつけた方が良いといえる。
特に、対外的な面目もあるため、失礼の無いように弔電を送りたいものである。
会社の総務課などに所属している人にとっては、こういった弔電や供花を送ることは日常茶飯時になる。
会社を代表する行為になってくるので、社会人のマナーとしても身に付けておきたいものである。
訃報を受けた場合、遺族には精神的ダメージもある。
このため、弔電を送るときに住所などを聞き出すこともあるが、状況に応じて必要最低限にとどめておくことが大事になることもある。

会社で社員の訃報を受けた時は、弔電や供花を送る以外にも様々に行なうべきことがある。
一つには、社内で事情を説明するための文書を作成することである。
そして、弔電の手配や、会社で参列者を募る場合の車を手配する方法などがある。
香典などの慶弔金手配をするときに、社内文書は大事になってくる。
個人でも、会社でも、弔電の宛名は喪主とするのが適切である。
遺族が知人や社員で、その家族が亡くなった場合でも、喪主は社員や知人ではないこともある。
その場合、喪主の名前はあらかじめ聞いておいた方が失礼でない。
喪主について分からず、それを聞き出すのも憚れるといったこともある。
この時は、亡くなった人の名前の後に、「ご遺族様」などと明記しておけば不都合にはならない。