いろんなタイプが有る | 相手に気を使った贈り物を選び、適切な贈り方を知る

相手に気を使った贈り物を選び、適切な贈り方を知る

いろんなタイプが有る

電報は文章が贈り物である。
葬儀の場合は、あまり派手な贈り物は控えた方が良く、供花以外の花も送られないことが多い。
このため、弔電のようなシンプルな贈り物が好まれるのである。
遺族は弔電を台紙から外し、中の文章が書かれている紙だけ保存することがある。
文章を定型文ではなく、独自の文を入れることが求められるのは、そういった事情もあるためである。
また、文面自体を他のタイプに変えることもできる。
あるサービスでは、手書きの文章や手描きのイラストを載せられるプランを提案している。
タイピングで打たれた文章よりも、手書きで書いた文章の方が、より思いを伝えられるといえる。
書道などを習っている人であれば、手書きの文章よりもより思いを込めた文が書け、その書面自体が絵画のように鑑賞できるものにもなる。

また、プリザーブドフラワーを送るタイプの弔電もある。
葬儀の時は、供花を送ることもできるが、これは大きさによって二万円前後など、高い値段がかかることがある。
大きな物ほど祭壇での見栄えもするからで、このため合同や会社で申し込むことが多い。
そういった供花的な役割を弔電に果たさせることもできる。
弔電では、ごく小さな花やブーケを添え付けることができるサービスもある。
プリザーブドフラワーは枯れず、葬儀が終わったとも飾ることができる。
小さいので、遺族が持ち帰るのにも便利な大きさとなっている。
また、台紙もいろんな形式のものが販売されている。
今はいろんな企業が参入しているので、いろんなタイプの弔電が利用できる。