文章で気をつけること | 相手に気を使った贈り物を選び、適切な贈り方を知る

相手に気を使った贈り物を選び、適切な贈り方を知る

文章で気をつけること

冠婚葬祭のマナーは、伝統の中で積み重ねられてきたものである。
このため、祝電や弔電、贈り物などはこういった冠婚葬祭マナーを把握し、ルールに則って行なうべきである。
しかし、弔電を送る葬儀や、祝電を送る結婚式は、伝統芸能とは異なり、そのルールや道徳が時代によって大きく変化することがある。
伝統芸能はある決められた形式によって既に完成形が提示されている。
このようなものでも、歴史を重ねるごとに少しずつ変化してくるのは当たり前である。
弔電や祝電を送ることは、通信分野が発達したことによって初めて定着したものである。
葬儀や結婚式も、明治以降に定着したものなので、格式張った一つの形式を守っていても、地域によってまったくルールが異なることもある。
このため、定型文を使うときには、伝統の中であるしきたりに沿っており、それは変わるものであるという認識を持ったほうが良い。

このため、弔電を打つ時のマナーとしては、手紙を送るときに使われるマナーが採用されている。
手紙には最初に時節の挨拶を書くことになるが、これは弔電でも同じである。
弔電を送る際には、祝電やお祝いの言葉とはまた違った言葉を選ぶべきである。
弔電を打つ際に選ばれる定型文としては、故人の死を悼むものを選ぶ。
「ご逝去の報に接し」、などといった定型文と、お悔やみの言葉を組み合わせるのが通常のものである。
また、遺族が知人で、その父親や母親に送るときは、父を「ご尊父」、母を「ご母堂」などというように、呼び方を変えることになる。