相手を思った文章 | 相手に気を使った贈り物を選び、適切な贈り方を知る

相手に気を使った贈り物を選び、適切な贈り方を知る

相手を思った文章

弔電のサービスは電話で直接申し込むことができる。
文章も決まった番号を押すことで、弔電に入れる定型文が作られることができるのである。
このため、時節の挨拶が得意ではない人には便利なシステムとなっている。
文章が長くなるほど弔電にかかる料金は高くなるので、なるべく簡潔にしたいという人もいるであろう。
しかし、定型文だけでなく、弔電に独自の文章を入れるだけでも、個人として相手に追悼の気持ちを独自に表すことの意義があるといえる。
こういった文章は、オペレーターに聞きながら決めることができるが、定型文はそれで良いとして、弔電に入れる独自の文章はあらかじめ決めておくべきである。
その場で決めると良い文章が浮かんで来ず、申し込んだ後で後悔してしまうので、気をつけた方が良い。

独自の文章を入れることは、故人や遺族との関係性を表すことでも良いものである。
弔電を申し込んだ人が、故人の友人や知人であった場合、遺族が必ずしも故人の友人関係を全て把握しているとは限らない。
このため、弔電の文章中で、故人との思い出や関係性を語れば、遺族がどんな人が弔電を送ってくれたのかが明確になる。
弔電を送ってくれた人に対しても、挨拶をすることがマナーとしている地域や人もいるので、そういった遺族の手を煩わせないためにも、関係を明確にすることは大切なのである。
特に、会社関係で知り合った人は、遺族とは面識がないこともある。
台紙や添えつけるものにこだわるだけでなく、文章にもこだわればもっと良い贈り物ができるといえる。