相手に気を使った贈り物を選び、適切な贈り方を知る

参列できないとき

訃報を受けたときはできれば通夜や葬儀に参加したいものであるが、どうしても参加できないときは弔電を送ることで故人の死を悼むことができる。告別式などで電報は読み上げられる。

Read More

相手を思った文章

弔電を申し込むときは申し込む前に充分に文章を練る必要がある。マナーに気をつけて文章を書くことはもちろん、故人との思い出を書くことで、参列者が思いを共有することができる。

Read More

会社と個人

弔電は個人から送るタイプと、遺族や個人が属している、または取引があった会社から送る場合がある。その場合、文面や申し込みの方法に気をつけなければならないことがある。

Read More

贈る・贈られる

物を贈り・贈られるということは、その人々の間で、ある種の思いをやり取りするということになる。
それはプレッシャーであったり、見返りを求めたりするものであってはならない。
贈答のルールは相手に気持よくなってもらうというのが最低限のルールとなる。
このため、マナーとして様々な決まり事がある。
これらは、明確に法律などで決まっているということではない。
しかし、人間の歴史が積み重ねられてきたことで、相手にとって嫌なことはしない、などの道徳的観点が出来上がっており、マナーもそれに沿って存在している。
こうした決まり事を把握するには、少しずつ人間として成長することで掴んでいくことになる。
道徳的な決まり事は実感をすることで初めて分かることもある。
人が亡くなった時は弔電や葬儀に参列することになるが、この場を直接体験しなければわからないこともたくさんある。

贈り物を贈ったり、受け取ったりすることは子どもの頃から行われることである。
子どもの頃は贈られることが多かったが、大人になると贈ることがだんだん多くなってくる。
このとき、相手が喜ぶものは何か的確に想像できる大人であれば、相手にとっても嬉しく、その場に相応しい贈り物をすることが可能なのである。
思いの大きさを伝えれば良いという単純なものでもない。
弔電はだいたいシンプルな、白や紫でできているものが多いが、これは場を考えたデザインである。
お祝いの時には場を盛り上げるために色とりどりのバルーンなどを贈ることも、相手にとって嬉しいこととなる。

文章で気をつけること

冠婚葬祭のときは祝電や弔電を送ることになるが、時節の挨拶を差し挟むと良い文面になる。マナーブックやインターネットを調べることで、こういった例を参考にできるので、利用すると良い。

Read More

いろんなタイプが有る

色んなタイプがあるので、弔電を他とは違ったものにすることで、より故人への思いを伝えることができる。刺繍をあしらったもの、押し花が施されているものなどが、業者によって異なっている。

Read More